生きづらさを少し解消する記事と、ゲーム実況に関するブログ

今更ゲーム実況初めて底辺を脱出できるの?

生き方、考え方 孤独、ぼっち、悩み解消、生きづらさ

もう苦しまない!消えないトラウマ克服に効果的な5つの解消法

更新日:

Sponsored Link

トラウマ、あると苦しいよな
人に理解されにくいしツライよな

 

実は俺にもトラウマがある

家族というアタリマエの存在が
トラウマになってしまったんだよね…

だから、トラウマで苦しむ人の気持ちは
多少なりともあるんじゃないかと思う

 

トラウマが消えない!

でも、トラウマで苦しみたくない!!

 

だからさ

トラウマを消す方法をジックリ考えてみよっか

 

俺のトラウマが消えると良いな

この自分勝手な気持ちからスタートして
結果的に別の誰かのトラウマを
克服させることができたら素敵だな

そう思いながら
今回の記事を書いていこうと思う

 

 

トラウマを克服する5つの解消法

自分を責めない

DVを受けた人にありがちなんだけど
トラウマ体験を経験すると

自分が全部悪いから…

みたいな感じで
何でもかんでも自分のせいにしてしまい
ふさぎ込んでしまう
人がいる

 

確かに、どんな出来事でも
自分のせいにするのは良いこと

でも「自分だけのせい」だと思わないことって
実は結構、大事なことだと思う

 

誰に何を言われようと
自分だけは自分の味方になってあげよ?

自己否定してしまったら
トラウマが原因でどんどん苦しむからさ
とにかく無理矢理にでも自己肯定しよう

 

とはいえ、
イキナリ自己肯定しろ!って言われても
トラウマを抱えた人が急にできるわけないよね

 

分かる

実際、俺もそうだから

でもさ
自分を攻めすぎないで良いんだよ

この意識だけは心の底で持ってみよう

それだけでもだいぶ違うからさ

<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">トラウマ克服はなぁ…そのトラウマを塗り替えるくらい膨大な時間とか思い出とか自己肯定感とか必要になるから…でも大変だけど克服はできると思う。大丈夫</p>&mdash; あやめ?? (@xaxyxaxmxex) <a href="https://twitter.com/xaxyxaxmxex/status/964140591125688320?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年2月15日</a></blockquote>
<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

 

相手も責めない

根っからの悪意を持って
人を傷つける人なんてほとんど居ない

もしかしたら良かれと思って
やったことかもしれないし、

相手からしたら普通のことでしかなかったのかもしれない

 

トラウマを植え付けてきた相手も
別のトラウマが原因で
そんな行動をしてしまったのかもしれない

実際、俺のトラウマの原因の1つである兄弟は
精神疾患があるみたいだったし…

 

人間なんて生きていれば
誰しもが被害者にもなる
誰しもが加害者にもなる

 

誰にも被害を与えない人間は居ない
誰からも被害を与えられたことがない人も居ない

俺が実際被害を受けることもあれば
無意識的に誰かを苦しめたことだって当然あると思う

被害を与えるも加害者になるのも
巡り巡ってお互い様なのかもしれない

 

トラウマを克服するには
トラウマを植え付けてきた相手も責めない
これも大事な事だと思う

 

え?そんなの無理じゃね?

 

だって今の俺(私)が苦しんでる原因なんだよ?

 

許せるわけないじゃん!

 

その通りだと思うよ

でもさ

ツイッターとかで
男性嫌悪フェミニスト・ミサンドリー
女性嫌悪ミソジニー)のツイートを見てるとさ

憎しみを持つ相手のことを四六時中考えて
常にトラウマを自分の中に宿しながら生きるって
とても辛そうだなって思ったんだよね

 

俺もさ、トラウマを植え付けてきた相手のこと
メチャクチャ恨んでたよ
仕返してやろうという気持ちもあったよ

でも、それは辞めた
仕返しを考えたり恨んでる時間の量だけ
俺自身がトラウマに苦しんでることに気づいた
から

 

その代わりに「棲み分け」という選択をした

それは相手を「許す」ことじゃない
考えなくすること」だ

 

「棲み分け」については
このあと詳しく説明するね

 

無理に克服しなくて良い

最後にこれを言うのは
元も子もないかもしれないけど

トラウマなんて無理に克服しなくても良い

こう思ったりもする

 

何故か

克服するのは辛いし
やっぱり心の中から100%消し去るのは無理だから

俺自信がトラウマがあるからこそ、そう思う

 

でも、どうすればいいの?

今更そんなこと言われても困るよ!

 

こう思う人がいるのはもっともだと思う

 

だから俺が最後に提言するのは1つ

棲み分け」すればいい

 

棲み分けしてトラウマと離れよう

トラウマを感じる存在・環境があるなら
それに「近づかない、関わらない」こと

これを徹底するだけで
アナタとトラウマとの距離が離れていく

 

家族がトラウマなら
家族という存在をシャットアウトすればいい

イジメられたことがトラウマなら
引きこもって生きるのもアリだと思うし
イジメなんてしなそうな草食系な人間関係を作る

恋人からのDVにトラウマを感じるなら
恋愛依存をなくす生き方をしたり
ひ弱で温厚そうな人を好きになってみるとか…

 

自分がトラウマに感じる存在
徹底的に遠ざける、近づかない、考えない
完全にシャットアウトする

トラウマの原因とは
別々の環境で生きる「棲み分け」をする

これってかなり大事だと思うんだよね

 

自分にトラウマを植え付けた相手憎しで
四六時中その相手のことを考え続ける
ってさ
延々にトラウマの苦しさが続くだけだと思う

 

トラウマは強敵すぎる!

まともに戦っても勝てるわけがない!

 

最終手段は「逃げるが勝ち

トラウマを植え付けた相手や環境から
逃げる、考えない、近寄らない、別の場所で生きる

トラウマを100%消すのは無理だから
離れて考えないようにするのが一番!

 

 

安全な状況で、トラウマを再現する

完全に安全が保証された環境
トラウマになった体験を再体験する

中々に荒治療な対処法だけれども
その分、効果的だったりする

 

見出し(全角15文字)

野球ボールが顔に直撃して大怪我した結果
ボールそのものに恐怖心を感じてしまい
キャッチボールができない人

 ↓

フルフェイスメットを被って
ゴムボールでキャッチボールしてみる

 

フルフェイスメットをかぶれば安全だし
そもそもゴムボールなら身体にぶつかっても痛くない

最初は恐怖でボールを取れないかもしれないが
安全な状況でトラウマを再体験することで
少しずつその状況に「慣れ」ていく

 

心的外傷後成長

まず、トラウマという存在にも
良い点があったりする

 

え?

って思うと思う

うん、俺も最初はそう思った

 

例えばさ、骨折をしてそれが完治したら
骨折前よりも骨が丈夫になることってあるよね

 

それと同じで
トラウマを克服することで
人間強度が上がることがある

 

それを心的外傷後成長っていうんよ

 

トラウマを背負うことは
とても辛いことだが

トラウマ経験が
結果的にプラスに働く場合がある

 

 

つらい経験に意味を見出す

  • 家族がトラウマになったおかげで
    独りで生きていく強さが身についた
  • 昔、好きな人に振られたからこそ
    今、好きな人と付き合っているんだなぁ
  • 受験に失敗したからこそ、知り合えた友人がいる

 

その時はものすごく辛い体験でも
それに意味を見出してみる

きっと、その経験があったからこそ
得られた良いものもある

 

俺の場合は、家庭環境が最悪だったから
同じ様な境遇の人と共感しやすくなった

今、俺の数少ない親友も
似たように家族がトラウマになった経験がある

もしかしたら
俺が家族をトラウマと感じていなければ
この素敵な出会いはなかったかもしれない

 

どんなにマイナスな出来事でも
その経験が故に得られたプラスな出来事もある

それに意味を見出すことって
トラウマ克服の第一歩だと思う

 

 

Sponsored Link

今回のまとめ

  • 自分を責めすぎない
    トラウマの原因となった相手も責めない
  • トラウマには逃げるが勝ち(棲み分け思考)
  • 安全な状況で、トラウマを再現する(慣れる)
  • トラウマのつらい経験で人間強度が強くなる
  • つらい経験にも意味を見出してみよう

 

 

ゲーム実況やってます

このブログの管理人ππ
Youtube等でゲーム実況をしています

良ければ見てみてね!

 

Youtube(ππ Games)はコチラ

ツイッターをフォローする

 

Sponsored Link

 

にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ等はコチラ

 

-生き方、考え方, 孤独、ぼっち、悩み解消、生きづらさ

Copyright© 今更ゲーム実況初めて底辺を脱出できるの? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.