生きづらさを少し解消する記事と、ゲーム実況に関するブログ

今更ゲーム実況初めて底辺を脱出できるの?

馬券予想(競馬)

【凱旋門賞2022年データ】小柄な馬が有利、大型馬は不利【予想】

更新日:

Sponsored Link

ドウデュースタイトルホルダー
凱旋門賞を勝てるのかについて話す

日本馬に勝ってほしいとか
そういう忖度抜きに評価する
日本で凱旋門賞の馬券買えるから
シビアに予想するよ

特にドウデュースについては
今年のダービーで本命にして
3連単まで当ててるので
有益な予想を届けられると思う

ドウデュースとタイトルホルダーが
凱旋門賞で通用するのか
過去のデータや馬の特徴を踏まえて話そうか

凱旋門賞データと歴代の日本馬

牝馬が強い

過去10年は明らかに牝馬有利の傾向

  • 牡馬:勝率3.1% 連対率8.5%
  • 牝馬:勝率15% 連対率22.5%

 

6歳以上は厳しい

  • 3歳(4.1.7.60)
  • 4歳(5.5.2.45)
  • 5歳(1.4.1.28)
  • 6歳以上(0.0.0.7)

ポイント

凱旋門賞は3歳と4歳が最も活躍し
5歳から成績は下降気味になり
6歳以降は過去10年で馬券圏内なし

 

500㎏以上の馬体は危険、軽い馬有利

※凱旋門賞前に日本で出走したレースの馬体重

 

430~470㎏の小柄な馬

  • ディープインパクト:3着入選(442㎏)
    ※薬物失格
  • ナカヤマフェスタ:2着(466㎏)
  • ナカヤマフェスタ:11着(462㎏)
  • オルフェーヴル:2着(456㎏)
  • オルフェーヴル:2着(464㎏)

ポイント

合計:0.3.1.1
※ディープの薬物失格を着外にすると(0.3.0.2

歴代の日本馬が
凱旋門賞で好走したのは
小柄の馬ばかり

 

472~498㎏の中型の馬

  • エルコンドルパサー:2着(472㎏)
  • キズナ:4着(478㎏)
  • ジャスタウェイ:8着(498㎏)
  • ハープスター:6着(476㎏)
  • クリンチャー:17着(488㎏)
  • フィエールマン:12着(480㎏)
  • クロノジェネシス:7着(478㎏)
  • ヒルノダムール:10着(474㎏)

ポイント

合計:0.1.0.7

中型サイズの馬は
エルコンドルパサー2着の1回のみ

480kg以上は掲示板にすら入ったことない

 

500㎏以上の大柄な馬

  • マンハッタンカフェ:13着(504㎏)
  • タップダンスシチー:17着(510㎏)
  • メイショウサムソン:10着(510㎏)
  • ヴィクトワールピサ:7着(502㎏)
  • アヴェンティーノ:17着(508㎏)
  • ゴールドシップ:14着(502㎏)
  • マカヒキ:14着(502㎏)
  • サトノノブレス:16着(512㎏)
  • サトノダイヤモンド:15着(506㎏)
  • ブラストワンピース:11着(536㎏)
  • キセキ:7着(506㎏)
  • ディアドラ:8着(504㎏)
  • ディープボンド:14着(502㎏)

ポイント

合計:0.0.0.13

500㎏を超える日本馬は
掲示板にすら入ったことがないどころか
ヴィクトワールピサの7着と
ディアドラの8着以外は全て2桁着順の惨敗

 

Sponsored Link

小柄な馬がロンシャンに向く理由

  • 470kg以下(0.3.1.1)※(0.3.0.2)
  • 472kg以上(0.1.0.20)
    ※480kg以上は掲示板にすら入ったこと無い

ポイント

日本馬が凱旋門賞に挑戦して20年以上
ここまで馬体重で露骨に数字の差が出ている

 

<何故こうなる?>

ロンシャンの芝は深くて沈みやすく
馬体重が重いほど脚が取られやすい

…という可能性がある

馬体重360kg程度の超軽い
メロディーレーンも重馬場が得意
馬体重が重い=パワーが有る
だから重馬場に強いは勘違いかも

ポイント

オルフェーヴル・ナカヤマフェスタが2着
しかし同じステゴ産駒のゴルシは惨敗
同系統でも馬体重によってここまで差が出る

 

ドウデュース予想

日本での馬体重:490㎏

馬体重は500㎏手前と大柄だし
欧州についてから飯モリモリ食べまくってるし
500㎏以上の馬体になるのは濃厚だと思われる
凱旋門賞には相性が悪い感じはする

超高速馬場の日本ダービーを
レコードタイム2分21秒9で勝つような馬

ロンシャン2400と適性が真逆
本番での馬券圏内は厳しいと思われる

ポイント

ダービーでは本命にして
3連単を的中させてもらったが
凱旋門賞では狙えない馬

 

Sponsored Link

タイトルホルダー予想

日本での馬体重:476㎏

馬体重は重すぎないので惨敗まではなさそう

弥生賞終わったころから
ずーっと言い続けてるけど
この馬は小回り巧者
とにかくコーナリングが上手い

広い東京のコースのダービーでは
力を出し切れず惨敗しており
結果を出してるのは全て小回りのレース

阪神で強いので馬場適性的には
ドウデュースより期待はできるが
2400mワンターンの超大回りコースの
ロンシャン・凱旋門賞では
持ち前のコーナリングの上手さが発揮できない

ポイント

3着とかならありそうだが
連対は厳しいだろう

 

ディープボンド予想

500㎏以上の大型馬な上に
実績も過去の挑戦馬の中ではかなり下

更に近走やや衰えが見えており
ここで巻き返して凱旋門賞で好走できないと思う

 

凱旋門賞(2022年)有力馬一覧まとめ

  • バーイード
    10戦10勝の無敗馬(GI6連勝中)
    ただ2400mは初めての距離
    スタミナ面での心配がある
  • アルピニスタ
    古馬になってから覚醒し7連勝中
    欧州黄金ガリデイン配合の系統
  • トルカータータッソ
    去年の凱旋門賞で単勝万馬券
    その後はG2を1勝し
    現在はGI2戦連続2着と前線マン
  • ヴァデニ
    斤量有利の3歳馬
    Sadler's Wells系
    フランスのダービー馬
  • パイルドライバー
    安定感はないが一発があるタイプ
    キングジョージⅥ&QESを制した
  • オネスト
    斤量有利の3歳馬
    Sadler's Wells系
    ロンシャンのGIパリ大賞典を制している
  • ハリケーンレーン
    去年は1番人気だった
    今年はあまり結果が出ていない…
    Sadler's Wells系
  • ルクセンブルク
    斤量有利の3歳馬
    Sadler's Wells系
    アイルランドのGI馬

 

ゲーム実況やってます

このブログの管理人ππ
Youtube等でゲーム実況をしています

良ければ見てみてね!

 

Youtube(ππ Games)はコチラ

ツイッターをフォローする

 

Sponsored Link

 

にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ等はコチラ

 

-馬券予想(競馬)

Copyright© 今更ゲーム実況初めて底辺を脱出できるの? , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.