生きづらさを少し解消する記事と、ゲーム実況に関するブログ。

今更ゲーム実況初めて底辺を脱出できるの?

当サイトの記事は広告リンクが含まれます

馬券予想(競馬)

【都市伝説】「ボベリック号の奇跡」沈没船から900頭が帰還【競馬】

投稿日:

Sponsored Link

競馬にまつわる都市伝説を語る
今回は「ボベリック号の奇跡」を語るよ

 

競馬予発想を変えるだけで回収率は上がる
競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書

ポイント

 

ボベリック号漂流から生還した馬

時は今から100年以上前の1901年

乗客65名、965頭の馬を乗せた船
ボベリック号は出向から10日後に漂流した
原因はスクリューの破損だった

一番近い陸地は2500㎞も離れてる
海原の中心で漂流した船は絶望的な状況…

しかも周囲には人食い鮫が跋扈しており
泳いでどうにかなる状況でもなかった

8日間船が漂流した後
船員が救命ボートに乗り、救援を求め
2500㎞先にある
オーストラリア大陸に向けて出発した

救命ボートに乗って3週間後には
オーストラリアのアデレードに到着
しかし船の漂流から1か月も過ぎていた

ボベリック号を救出すべく
ナラング号という船が救出に向かった

ナラング号はエドワード7世の戴冠式に向かう船
ボベリック号を救出していたら間に合わない…
それを乗組員・乗客全ての人が
承知の上で救出に向かった

ナラング号による
ボべリング号救出から5日後には
無事に南アフリカのダーバンに到着した

そして965頭いた馬の内
実に913頭が無事に生還した

海の上で1か月以上遭難したら
家畜である馬を処分しようという提案が出るものだ
実際、ボベリック号では
そのような提案があったらしい

緊急時には動物愛護の事など
二の次になるのは仕方ない

責められる事ではない

しかし管理者のマッキンネス氏は
馬達に与える日々の餌の量を減らすことで
なるべく馬を犠牲にしないようにした
のだ

結果、52頭の馬が肺炎で死亡したものの
913頭の馬が生き延びた

生存率9割超えの快挙

生き残った馬の健康状態は良好
その後、無事に売却先が決まったと言う

そして奇跡は連鎖する

エドワード7世の急な体調不良により
ボベリック号の救出を優先したナラング号は
エドワード7世の戴冠式に間に合ったのだったとさ

 

競馬予発想を変えるだけで回収率は上がる
競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書

-馬券予想(競馬)

Copyright© 今更ゲーム実況初めて底辺を脱出できるの? , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.