生きづらさを少し解消する記事と、ゲーム実況に関するブログ。

今更ゲーム実況初めて底辺を脱出できるの?

当サイトの記事は広告リンクが含まれます

馬券予想(競馬)

【大阪杯予想】有力馬の見解&データを元に硬い2頭を絞り込む【競馬2023年】

更新日:

Sponsored Link

今年から古馬GIの基本斤量が
牡馬58kg(牝馬56kg)になった

今年初の古馬中距離GI大阪杯

一昨年は
コントレイルやグランアレグリアを軽視し
◎レイパパレで大的中したが
去年は残念ながら外れてしまった

一昨年以上の当たりを魅せるべく
今年の大阪杯を徹底予想してみたぞ

 

大阪杯のデータ

ペースとラップ

  • 2013年(48.9-45.3)+3.6スローペース
  • 2014年(48.6-48.0)+0.6ミドルペース
  • 2015年(48.8-49.4)-0.6ミドルペース
  • 2016年(48.9-45.7)+3.2スローペース
  • 2017年(47.6-47.1)+0.5ミドルペース
  • 2018年(48.9-45.3)+3.6スローペース
  • 2019年(49.1-47.3)+1.8スローペース
  • 2020年(48.8-45.9)+2.9スローペース
  • 2021年(47.7-49.0)-1.3ハイペース
  • 2022年(46.8-47.5)-0.7ミドルペース

ポイント

スローペース:5回(3回)
ミドルペース:4回(1回)
ハイペース:1回(1回)

スロ~ミドルになることが多い

今年はジャックドールが逃げるだろうが
ジャックドールはスロー逃げが得意なので
ハイペースにはならないと予想する

先行有利

  • <上がり1~3位の複勝率>
    天皇賞秋:19/30(63.3%)
    皐月賞:17/30(56.6%)
    阪杯:9/18(50%)
    ※GI昇格して以降
  • <上がり1~3位の連対率>
    天皇賞秋:15/20(75.0%)
    皐月賞:14/20(70.0%)
    大阪杯:5/12(41.6%)
    ※GI昇格して以降
  • <上がり1~3位の勝率>
    天皇賞秋:8/10(80.0%)
    皐月賞:8/10(80.0%)
    大阪杯:2/6(33.3%)
    ※GI昇格して以降

 

大阪杯は前を行く馬が強く
後ろの上がりの速い馬は2~3着で狙うレース

秋天は上がりの早い馬が強いが
大阪杯は上がりが遅くても
道中リードしていれば押し切れる

(上がりが早い馬が2~3着の傾向)

 

父サンデー系天国

過去10年の勝ち馬が
全て父サンデー系

今年から斤量58kgに増えた影響で
過去のデータがどれだけ参考になるか不明だが
少なくともコース適性としては
父サンデー系が有利であることには変わりない

 

栗東(関西馬)有利

GI昇格以降、美浦所属の馬は
ダノンキングリー(3着)しか馬券内に来てない

圧倒的に栗東優勢のレース

 

Sponsored Link

有力馬の見解

消スターズオンアース

半年の休み明け
この馬は休み明けの秋華賞で1番人気3着
鉄砲駆けするような馬ではない

エンジンがかかるまで遅いので
小回りコースは得意ではなく
秋華賞・フェアリーSと格下に負けている

 

オークス2着・秋華賞馬の
スタニングローズは中山記念5着
エリ女2着のライラックは日経賞4着
桜花賞2着馬ウォーターナビレラは京都牝馬14着
高松宮記念で16着

今年の4歳牡馬は強い
4歳牝馬はイマイチ結果が出てない
近年でも稀に見る牝馬が弱い世代

ポイント

大阪杯は圧倒的に栗東が強いのレース
美浦所属というのもマイナス材料

2冠馬ということで人気するだろうし
オッズに対する期待値が低い馬だと思う

消ダノンザキッド

マイルCSでは穴馬指定して的中した

この馬は広い競馬場の方が力が出せる
小回り2000mでは実力を出しきれない

  • 全体成績(3.2.4.5)
  • 小回り成績(1.0.1.3)

ポイント

関屋記念やマイルCSで狙いたい馬
ここは消しで

 

消ポタジェ

昨年大穴を開けた馬

この馬の消し材料は斤量
58kg以上背負った時の成績(0.0.0.5)

毎日王冠金鯱賞のようなG2でも
58kg以上背負うとまるで結果が出ていない

ポイント

今年から斤量が1kg増える新ルールでは
去年のような激走を期待できないだろう

 

◎ヴェルトライゼンデ

大阪杯過去10年全て父サンデー系が勝利
父ドリームジャーニーなので当然狙える

 

スローペースが得意

  • 日経新春杯(1着)【49.2-47.3】
  • ジャパンカップ(3着)【48.8-45.9】
  • 鳴尾記念(1着)【48.1-45.7】

 

2023年以降の斤量58kg以上

  • ドリームジャーニー産駒(1.0.1.0)
  • 高松宮記念トゥラヴェスーラ3着
  • 日経新春杯ヴェルトライゼンデ1着(59kg)

左回り専用機との見方もあるが
ホープフルS2着なので特に問題はないだろう

脚質的にも前目有利な傾向にあるので
ヴェルトライゼンデに展開も向くはずだ

  • JC17着ボッケリーニ→日経賞2着
  • JC10着のユーバーレーベン→AJCC3着
  • JC5着のダノンベルーガ→ドバイターフ2着

JC組でこの馬より下の着順の馬が順調に活躍中

ポイント

外人騎手(3.1.1.0)
川田騎手(1.0.0.0)
その他日本人騎手(0.3.1.3)

絶好調川田は既に外人騎手級なので問題ない

○ジャックドール

本当は本命にする予定だった
大阪杯がサンデー系天国すぎたので○に落とす

今年はアフリカンゴールドもレイパパレもおらず
気持ちよく逃げることができそう

この馬は早すぎないペースが得意なので
テン争いが楽になる今年のメンツは
かなり展開的に向くだろう

 

また、最近は控える競馬も覚えたのも良い

ペースを握るであろうこの馬が
得意のスローペースに落とせればチャンスあり

 

去年のGIでは秋天が最もレベルが高かった

  • 秋天1着:有馬記念&ドバイシーマ楽勝
  • 秋天2着:サウジカップ勝利
  • 秋天3着:ドバイシーマ2着

ダノンベルーガと互角で
5着以下に2馬身差突き放しての4着は評価できるし
斤量58kgへの対応は証明済み
GI級メンバーの札幌記念も勝利している

休み明けロベルト系はマイナスだが
この馬自身は休み明けに強く(3.0.0.0)

ポイント

人気の馬が軒並み後方脚質なので
気持ちよく逃げれるこの馬に
重い印を打ちたいと思う

▲ヒシイグアス

スローペースを得意とする馬
去年は調整不足ながら4着と好走

父ハーツはスワーヴリチャードが勝っており
血統的にも問題ない

 

半年10ヶ月ぶりのレースでG2勝利したが
休み明けではあるものの
中山記念自体のパフォは微妙だった

去年の◎なので実力は申し分ないと思うが
この馬は外人騎手でないとGIで馬券になってない
そして重賞勝利全て中山という極端っぷり…

阪神も合うには合うだろうが
取りこぼす可能性は大いにあるだろう

ポイント

美浦所属というのも大きなマイナスだが
父サンデー系というのもあるし
実力は最上位なので連下で抑えておく

△マリアエレーナ

天皇賞秋では評価していたが
スタート直後の不利で負けてしまった

8着に負けた金鯱賞では
直線で1度もムチを使ってなかったことから
完全に叩き台なんだなと感じられた

斤量55kg以下でしか連対実績がないのが不安

  • 全体成績(5.4.3.6)
  • 55.5kg以上(0.0.0.3)
  • 52kg以下(3.1.1.1)
  • 関西遠征(0.0.1.2)

ポイント

馬体重が軽い馬なので
斤量がキツいのかもしれない

だが小倉記念だけ走れば勝ち負けはできる

△ジェラルディーナ

スローよりはミドルが得意で
距離も長い方が向いている

オープン昇格後
2200m以上(2.0.1.1)※GI1勝 有馬3着I
2000m以下(0.1.1.2)※GⅡで2着1と3着1回ずつ

また休み明けのロベルト系というのが気になる
(休み明け凡走実績アリ)

ポイント

狙うべきは宝塚記念で
ここで狙うような馬ではない

△マテンロウレオ

  • 関東成績(0.1.0.5)
  • 中京成績(1.1.0.0)
  • 阪神成績(2.1.0.0)

この馬は栗東所属ながら
何故か関東で走ってばかりだが
実は阪神が最も実績がある

中山金杯ではラーグルフに僅差で負けてるが
前残り競馬を後ろから行って僅差だったので
完全に実力負けした訳では無い

京都記念はドウデュースが上がり34.0で1位
マテンロウレオは34.5で2位(0.5秒差)
プラダリアが34.9で3位(0.4秒差)

ドウデュースが居なければ
かなり強いレースをしていた

ポイント

スローペースに弱いが
ミドルペースになれば強い馬

大きな印はつけられないが
紐穴狙いなら面白い1頭

 

大阪杯2023年予想まとめ

  • ◎ヴェルトライゼンデ
  • ○ジャックドール
  • ▲ヒシイグアス
  • △マリアエレーナ
  • △ジェラルディーナ
  • △マテンロウレオ

-馬券予想(競馬)

Copyright© 今更ゲーム実況初めて底辺を脱出できるの? , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.