生きづらさを少し解消する記事と、ゲーム実況に関するブログ

今更ゲーム実況初めて底辺を脱出できるの?

ゲーム実況・投稿動画履歴 実況者・配信者について

【どっちが凄い?】ヒカル(ネクステ)とコムドットの差を比較!

更新日:

Sponsored Link

2021年に飛ぶ鳥を落とす勢いでバク伸びし
2022年も勢いが続く
Youtuberグループ・コムドット

2017年Valu炎上で一度は沈んだものの
今年に入り100万再生を連発している
金持ちYoutuber・ヒカル

今回の記事では
ヒカルchのグループである
ネクステvsコムドットグループ比較
(8つの項目について比較)

 

コムドットvsネクステ比較

  • 顔(ルックス)
  • チームとして
  • 演者力
  • 編集の面白さ
  • 企画の面白さ
  • 炎上耐性
  • 活動の幅
  • 将来的な危うさ

以上の8項目について
どちらが上と明言するだけでなく
ポイント制で比較、評価していく

ポイント

(例)
団結力
コムドット:60
ネクステ:40
※20pt差

炎上耐性
コムドット:30
ネクステ:70
※40pt差

それぞれの項目で100点を分け合う形で
白黒つけるだけでなく
どれくらいの差があるかも評価にいれ
総合点も発表していく

 

顔(ルックス)

  • コムドット:40
  • ネクステ:60

コムドットは平均値は高めだが
飛び抜けたルックスの高さはない

全体的に70~85点という印象だ

一方のネクステ
みっきーのルックスが満点に近いレベル
ロケマサも90点くらいのレベル

ポイント

この2人のルックスが高すぎるが故に
ルックスレベルで言えば
ネクステに軍配が上がる

チームとしての魅力

  • コムドット:80
  • ネクステ:20

コムドットは幼なじみ5人集団で
裏方も含めて絆の深さがレベチ
数多く居るグループYoutuberの中でも
最も絆の力があると言っても良いレベルだ

それぞれの役割も明確な上に
絡みのバリエーションが多く
それぞれがナチュラルに連携できる強みがある

 

一方のネクステ
ヒカルのワンマンチームで
ヒカルありきな部分が強い

上司後輩的な感じになり
メンバーが対等な立場ではないので
絡みのバリエーションが少ない

どんな企画でも
最終的にヒカルをよく見せよう
というのが根底にあるので
展開が読めてしまうのがネクステの弱みだ

ポイント

コムドット
やまと革命家キャラで売ってるが
メンバーから鬼ほどイジられネタにされるので
絡みのバリエーションが多く
チームとしての魅力を見た場合は
コムドットが圧倒していると見て良いだろう

編集の面白さ

  • コムドット:60
  • ネクステ:40

ネクステの編集は非常に見やすい

しかし見やすさに特化しすぎて
面白さを感じる編集ではない
長尺のフルテロップは
ものすごく大変な作業ではあるが
良くも悪くも無難な編集

コムドットも長尺動画だが
編集はメンバーが交代制でやっており
見やすいかつ面白い編集を心がけている

ポイント

どちらも長尺の動画だが
個性のある編集ができる
コムドットに軍配が上がる

演者力

  • コムドット:60
  • ネクステ:40

ネクステ
相馬トランジスタの演者力が圧倒的

ヒカルも演者力が高いが
カリスマキャラというのを崩せず
魅せ方が限定的なので
対応力・柔軟性がやや欠ける部分がある

個人ならその方向性が圧倒的に正しい
グループだとそれが邪魔になることがある
周りからの演出に助けられるタイプ
(演出されたキャラとしての演者力はピカイチ)

みっきー安定した演者力があるが
爆発力があるタイプではない

ロケマサ
そこまで演者力が高いタイプではない
今後の成長・伸びしろに期待だ

名人に関しては演者力が皆無
普段何もしないけど時々ホームラン打つと
メンバーからは言われている…
しかし、ほぼ全ての動画を見てきたけど
名人がホームランを打った所を見たことがない

デート企画でも喋ろうとしないし
表に出てくるのに向いてない
裏方向きなのは明白だ

 

コムドット
相馬トランジスタのような
爆発力のあるキャラはいないが
それぞれがそれぞれの役割を理解しており
メンバー全てが70~80点の演者力を出しており
時々得意なことになると90点出すタイプもいる

あむぎりゆうまも何だかんだ
シッカリ演者としての立ち回りは出来ている

  • ネクステの演者力
    相馬:100
    ヒカル:85
    みっきー:75
    ロケマサ:50
    名人:10
    平均値:64点
  • コムドットの演者力
    やまと:85
    ゆうた:75
    ひゅうが:75
    ゆうま:75
    あむぎり:70
    平均:76点

ポイント

名人を裏方に回し
ロケマサが成長すれば
平均演者力が同等くらいになると思う

企画の面白さ

  • コムドット:50
  • ネクステ:50

ネクステの企画の方が
規模のデカい企画が多い
しかし飯を食って話す画角が
あまりにも多すぎる点はマイナス

コムドットの企画はアクティヴ系が多く
メンバーの仲の良さを伝えるものが多い
規模はネクステより小さい
グループとして見るならこの方向性は悪くない

ポイント

規模の大きさでネクステ

絆の深まりで
コムドットに軍配が上がる

炎上耐性

  • コムドット:30
  • ネクステ:70

やまと
炎上で誰かを潰す方向性は良くない
力強く発信していくスタイルは
時代を変えるという意味では大事なことだと思う

「道を開けろ」ツイートなどで炎上したのも
知名度を上げる戦略だったわけだし
コムドットも炎上耐性は強い方ではある

しかし

メンバーの致命的なスキャンダルが起こり
数字がガクっと下がった時に
浮上できるかどうかは未知数だ

 

ネクステ
VALU大炎上から立ち直ったヒカル
未成年淫行疑惑から立ち直ったみっきー
大炎上からの復活実績がある

ポイント

同じことをしてもコムドットなら炎上するが
ネクステなら「まぁこれくらいはしそう」と
周囲に思われてる部分もあるので
炎上耐性で言えばネクステに軍配があがる

活動の幅

  • コムドット:80
  • ネクステ:20

ネクステアパレル(ReZard)
ヒカル個人で書籍を出版したり
NFTゲーム・PROJECT XENOのアンバサダー
ジョイフルとのコラボ商品などがある

 

コムドット
アパレルブランド・Bardogがあり
やまと・ゆうたが出版して
どちらも大ベストセラー

あむぎりAbemaでラップ番組出演

ひゅうが・ゆうま含めた全員
個人でも雑誌の表紙を多数飾っており
写真集の売り上げも絶好調

ポイント

何よりYoutuberの王
ヒカキンすら持てなかった
地上波の冠番組を持ったということで
活動の幅はコムドットに軍配が上がる

生きやすさ

  • コムドット:20
  • ネクステ:80

コムドットは
意外にもストイックさが半端なく
編集もメンバーが自ら行い
Youtube外での活動にも精力的すぎる

フジテレビの冠番組を持ったとこで
今後はイメージが大事となっていく

気を抜けない度合いが他よりも強くなり
恋愛スキャンダルにも嘘を突き通すなどの
窮屈さを感じることがあるだろう
ある意味では生きにくい偶像になりそうだ
(ヒカキンも大変そうだしね…)

ポイント

ネクステの場合は
イメージが悪くても良いやという売り方なので
生きやすさという点においては
コムドットよりも遥かに上の位置にいる

総合力

  • 顔(ルックス)
    コムドット:40
    ネクステ:60
  • チームとしての魅力
    コムドット:80
    ネクステ:20
  • 編集の面白さ
    コムドット:60
    ネクステ:40
  • 演者力
    コムドット:60
    ネクステ:40
  • 企画の面白さ
    コムドット:50
    ネクステ:50
  • 炎上耐性
    コムドット:30
    ネクステ:70
  • 活動の幅
    コムドット:80
    ネクステ:20
  • 生きやすさ
    コムドット:20
    ネクステ:80

ポイント

コムドット:420点
ネクステ:380点

Sponsored Link

まとめ

全員の関係がシッカリしている
コムドットの方が
グループとしての絆の幹が太い

メンバー同士で
それぞれ遠慮なしに言い合える関係なので
絡みの幅が広いのでグループとして強い

 

ネクステの場合はヒカル存在がいて
その下にメンバーが居るというグループで
トップダウン形式が故に
絡みパターンが少ないのが弱点

  • ヒカルさんすごい!持ってる男!
  • 相馬さん面白い!
  • みっきーはマジでイケメン
  • ロケマサは伸びしろがある
  • 名人は喋らんけど時々ホームランを打つ

ネクステが飯食ってる動画だと
毎回、ワンパターンの会話になりガチ

ネクステがこの会話をしなくなった時
グループとして強くなる
と思う

コムドットが売れるべくして売れた理由

■買ってすぐ遊べるゲームプラットフォーム2Game

 

ゲーム実況やってます

このブログの管理人ππ
Youtube等でゲーム実況をしています

良ければ見てみてね!

 

Youtube(ππ Games)はコチラ

ツイッターをフォローする

 

Sponsored Link

 

にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ等はコチラ

 

-ゲーム実況・投稿動画履歴, 実況者・配信者について

Copyright© 今更ゲーム実況初めて底辺を脱出できるの? , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.